2021年10月16日更新しました。

よくある質問の項を作りました。

2021年8月26日 更新しました。

ピティナ経由で第8回コンクールの申込受付が出来るようになりました。

なごや青少年ピアノコンクールのページをご覧ください。

2021年7月31日更新しました。

第8回なごや青少年ピアノコンクールの応募を開始します。

 新型コロナの感染爆発が第5波となり、大変に心配な状態です。

NPOみどり音楽祭は、みなさまの命と健康の安全安心を第一にして、コンクールを行う事にしました。

 詳細は、なごや青少年ピアノコンクールのページをご覧ください。

2021年4月21日更新しました。

みどり音楽祭/音楽監督の武本京子先生がイメージ奏法と医療効果を学会発表をする事になりました。イメージ奏法の演奏と共同研究者として学会発表等を行います。

「医療と創造性及び世界平和」シンポジウム

5月5日(水)(祝)13時より/参加費2,000円/名東文化小劇場

詳細は「みどり音楽祭」ページをご覧ください。

2021年3月31日 更新しました。

大阪国際音楽コンクールのファイナル申込のご案内をします。

なごや青少年ピアノコンクールのページをご覧ください。

2021年3月15日(月)更新しました。

第7回なごや青少年ピアノコンクール受賞記念演奏会が開催されました。

なごや青少年ピアノコンクールのページをご覧ください。

2021年3月6日(日) 更新しました。

受賞記念演奏会のご案内 出場者のみなさまへ

なごや青少年ピアノコンクールのページをご覧ください。

ニュース 2021年2月19日更新

 

第7回受賞記念演奏会のご案内をします。

なごや青少年ピアノコンクールのページをご覧ください。

ニュース 2021年2月15日更新

 

受賞記念演奏会の問い合わせ先

みどり音楽祭につい

 

この音楽祭は、1995年の阪神淡路大震災をきっかけに、名古屋市緑区の有志達が集まり、音楽で人をつなぐ活動を始めました。座布団コンサートという少人数のコンサートを地域で行い、文化と町作りを行ってきました。

そこから、緑文化小劇場を母体に数々の著名な演奏家のコンサートを行う一方で若手の音楽家の育成に力を注いでまいりました。

 また2011年の東日本大震災においても名古屋の音楽家100名の有志でチャリティ―コンサートなども行い、音楽で人と人を結び付け、レジリエンスの気持ちを高めて参りました。

 2015年より、音楽を学ぶ人々のすそ野を広げ、地域で日本で世界で羽ばたく優れた青少年を見出し、未来の演奏家として育若い音楽家の発掘と支援と共に音楽を長く愛する愛好者を応援を目的とした「なごや青少年ピアノコンクール」を行っています。

 毎年、小さい子供から、永遠に心が青少年の70代までのあらゆる世代の方々の部門を作り、全国から、たくさんの音楽を愛する方たちが参加しています。

 受賞者には、「春を呼ぶみどり音楽祭」や他のコンクールや演奏会への出演の機会を設けています。

今年もコロナ禍に負けず、今できる音楽を精一杯取り組み、音楽で愛と感謝の心のサウンドを広げ、音楽溢れるまちづくりに取り組んでいきたいと思います。